コンテンツ

病理診断室

当院の病理診断室のご紹介です。

基本理念

  • 安心・安全な医療の提供に努めます
  • 正確・迅速・ていねいな検査に努めます
  • 常に向学心をもち,研修・研鑽に努めます

業務内容

病理検査とは

 手術や検査の目的で採取された臓器や組織、細胞を顕微鏡にて観察し詳しく調べることにより、疾患の診断や病因の究明をします。顕微鏡で観察できるように標本を作製するのは臨床検査技師(細胞検査士)で、その標本から病気を診断するのが病理専門医(細胞診専門医)です。病理検査は大別して、組織学的検査、細胞診検査、病理解剖に分かれます。

組織学的検査

組織学的検査 病変の一部から組織片を採取、または手術にて切除された組織や臓器から良性・悪性の診断、悪性であれば浸潤の程度や転移の有無などを詳細に観察して主治医に報告します。
 当医療センターでは病理専門医不在のため、保険医療機関間の連携による病理診断を活用しており、病理診断は鹿児島大学病院に委託している。また術中迅速病理組織診断は、当センターで作製した迅速凍結組織標本をバーチャルスライド撮影装置で取り込み、鹿児島大学病院にテレパソロジー(遠隔病理診断)の委託をしています。


細胞診検査

 胸水、腹水、尿などの液状検体、消化管や気管支などの病変部をブラシ等で擦過した検体、針で病変部を穿刺吸引した検体など多岐に亘る材料から顕微鏡で観察できるようにガラス標本を作製します。
 細胞検査士が標本に出現している“異型細胞や悪性細胞”“疾患に特異的な細胞や微生物”などを探し出し、病変を推定します。
 また内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)時の擦過細胞診、超音波内視鏡ガイド下穿刺吸引細胞診(EUS-FNAC)、気管支生検・擦過・洗浄および各穿刺吸引細胞診時には現場に赴き適正な検体処理を行う(ROSE)も実施しています。

細胞診検査1 細胞診検査2


病理解剖

 病気により亡くなられた患者さんについてご遺族の承諾を頂き解剖し、臓器・組織・細胞を直接観察することによって、直接死因の解明、臨床診断の妥当性や治療効果等を目的として病理解剖を行っています。
 今後の診断・治療の向上、医療従事者の教育に役立て参ります。

30年度診療実績

組織診 2,267 件
細胞診 478 件

スタッフの紹介

臨床検査技師:2名

藤崎 人美- Hitomi Fujisaki

(室長)

藤崎
専門
  • 臨床検査技師
  • 細胞検査士
  • 国際細胞検査士
【モットー】
"正確な診断はきれいな標本から"

中島 真由美- Mayumi Nakashima

中島
専門
  • 臨床検査技師
  • 細胞検査士
  • 国際細胞検査士
【モットー】
"何事も創造と挑戦!"

認定資格・所属学会

  • 日本臨床細胞学会
  • 日本臨床衛生検査技師会