コンテンツ

看護部

看護部では、患者さまのお世話をしております。

看護部長からのメッセージ


看護部長 三島真美

看護部長

『暮らしに寄り添う、こころ温かい看護を求めて』

 令和2年のコロナ渦という、体験した事のない年になりました。
 新病院(全室個室)に向けて基本設計・実施設計も佳境を迎えております。患者さんに安心して頂けるよう、職員が働きやすい環境、そして職員の気持ちのこもった病院作りを目指しております。1日でも早く日常に戻るよう、万全を期して邁進して参りたいと思います。
 「この地域で暮らせて良かった」と感じていただけるよう、患者家族の最善の幸せを願う職場環境であるよう、働く職員もまた、そんな瞬間が沢山あるよう、努力して参りたいと思います。

令和2年10月12日(月) 配信

看護部の理念と実践

看護部の理念

患者さま一人一人をかけがえのない個人として尊重し、心の通い合う看護を目指します。


令和2年度の看護方針

  1. 有給取得率全員80%以上
  2. 超過勤務削減

看護単位

【一般病床254床及び感染症病室4床含む】

看護単位 病床数 特性
病棟 総合ケア病棟
(緩和ケア病棟)
35 緩和ケア
1階病棟 38 整形外科・小児科・小児外科
4 感染症病床
東2病棟 46 消化器外科・消化器内科・呼吸器外科
西2病棟 47 内科・消化器内科
東3病棟 49 循環器内科・脳神経外科・内科
包括ケア病棟 35 高度医療後在宅復帰など、すべての診療科
手術室・中央材料室 - 外科・整形外科・脳神経外科・小児外科・呼吸器外科
外来 - 13診療科・専門外来(7)・救急外来・外来化学療法
検査治療・人間ドック

看護体制

  • 7:1入院基本料(3〜4人夜勤)&緩和ケア・地域包括ケア
  • 変則2交代制
  • 看護方式:原則受け持ち看護師体制と日々のPNS(パートナーシップナーシング)
  • 各部署に事務クラークと看護補助者複数配置(看護補助者夜勤配置加算取得予定)

教育システム

新人看護師研修風景

 

 

令和元年6月新規採用者リフレッシュ研修

 

その他にも

 

 

特定・認定看護師のスペシャリスト

 認定看護師9分野13名認定看護師(感染管理、緩和ケア、がん化学療法、がん性疼痛、皮膚・排泄ケア、救急、慢性心不全、集中ケア、脳卒中、認知症看護)、特定看護師2名(呼吸関連3区分5行為、創傷管理関連1区分1行為)による看護公開講座を開催しています。

 

 

先輩からのメッセージ


鹿屋市立鹿屋看護専門学校卒業
2年目:吉本 朱理

 呼吸器外科・消化器外科病棟へ配属され2年が経ちました。手術を受ける患者様の術前術後の看護や化学療法を受ける患者様と関わることが多く、急性期病棟ということもあり忙しい毎日ですが、先輩方のご指導のもと日々成長し、やりがいを感じながら働ける環境ですよ。


鹿児島医療センター付属看護学校卒業
2年目:宮前 えみり

 整形外科・小児科で働き始めて1年が経ち、2年目としてできないことも多く悩んだりしますが、先輩方が優しく教えてくださったり相談しやすい環境があり、毎日充実した日々を送っています。ぜひ皆さんも私たちと一緒にはたらいてみませんか。

資格取得・長期研修の支援


鹿児島医療福祉専門学校卒業
がん性疼痛看護認定看護師3年目:永里 佳奈

 がんに伴って発生する痛みに苦しむ患者さんやご家族と関わり、その人らしい生活が送れるように支援したいと思い、がん性疼痛看護認定看護師の資格を取得しました。体や心の痛みを抱えた患者さんやそのご家族のつらさを少しでも和らげ安心して治療をうけられること、その人らしい生活が送れるように支援することを目指して継続した関わりをしていきたいと思います。


都城看護専門学校卒業
認知症看護認定看護師教育課程修了:永山 リサ

 急性期医療では、急な病状悪化や入院による環境変化で混乱をまねいたり、意思を伝えられない状況になることがあります。認知症を持つ患者さんの症状を理解し、意思が尊重できるようにその人らしさを大切にし、安心して療養生活が送れるよう支援したいと思います。